タンデム学習はヨーロッパでは当たり前!無料かつ効果てきめん!

タンデム学習とは、語学の交換学習のことを指します。

お互いの母国語や得意な言語を、学生同士が無料で教え合います。

ヨーロッパの大学生を中心とした若者層に広く浸透している勉強方法で、大学などの公的機関も推奨しているシステムです。

無料で利用できるうえ、日常会話のスキルアップにとても有効なので、ヨーロッパで語学を学ぶのならば利用しない手はありません。

気の合うパートナーに巡り合えれば、心細い海外生活の支えにもなります。

そんなタンデム学習の具体的な進め方を、以下に詳しく解説します。

 

タンデム学習のパートナーの見つけ方!

 

地方自治体や大学のホームページ上などに、タンデム学習希望者用の掲示板が設けられています。

そこに自分のプロフィールを登録し、現在勉強中でタンデムのパートナーが欲しいと思っている言語と、既に習得済みの言語、そして母国語を掲載します。

 

自分のプロフィールを見た人からのコンタクトを待つのもいいですが、条件の合うパートナーを検索して自分からメッセージを送ることもできます。

私の場合はプロフィールを掲載し1週間ほどで、日本語を勉強中だという3名からコンタクトがありました。

 

 

タンデム学習の進め方

 

 

初期のコンタクトはメールを通じて行います。

待ち合わせ場所と時間を決め、出かけましょう。

写真を送付し合うケースもありますが、大抵は「こんな服装で行きます」と自分の目印を伝えます。

ですが、日本人がヨーロッパの町中でひとりで待ち合わせをする場合、特に目立つ目印などは必要ないでしょう。

日本人の顔と佇まいだけですでに大きな特徴になります。

 

 

一般的にヨーロッパでのタンデム学習は、町中のカフェなどでコーヒー片手に行われます。

「学習」とは言えその内容はと言うと、自分の生い立ちや生活、今日あったことなどの日常会話をお互いに話すだけです。

パートナーによって勉強の進め方は異なりますが、学校やコースでの勉強とは違い、会話力を高めるのに有効な勉強法なので、筆記には走らない方が良いでしょう。

 

例えばドイツ語と日本語の交換学習で、お互いがある程度話せるレベルならば、前半30分は日本語、後半30分はドイツ語で世間話をして、1時間で勉強会を終了するのも良いでしょう。

いずれにせよパートナーとお互いの語学レベルをみて、勉強の内容を一緒に模索することになります。

 

タンデム学習で気をつけること

 

学習目的の学生間でのやり取りとは言え、外国で生活しているのならば用心するに越したことはありません。

初めての待ち合わせ場所には人通りの多い場所を選びましょう。

また、女性の場合、少なからず下心をもってコンタクトをしてくる男性も存在しますので、誤解されるような言動は避け、気を引き締めて臨みましょう。

 

せっかくの会話力アップのチャンスですから、筆記は最低限に抑え、とにかく話をする練習をすることをおすすめします。

教材を使っての勉強は語学学校や自宅学習でも充分できますから、タンデム学習では実際に日常会話で使われている言語に慣れる努力をしましょう。

 

 

もちろん、大事だと思った単語や言い回しをメモしたり、言いたいことが言えない場合に辞書をひきながら話をするのも有意義です。

 

冒頭でも紹介しましたが、タンデムのパートナーを探しているヨーロッパ人は、若い大学生が中心です。

相手が19歳なんてことも大いにあり得ます。

日本の大学を卒業してから留学するパターンが多い日本人の渡欧組にとっては、年齢のギャップが少なからず出てくることはあらかじめ覚悟しておきましょう。

 

語学学習と言えばタンデム学習!

 

語学学校のグループ・レッスンでは補いきれない、会話力の鍛錬に特化した語学の勉強方法が、このタンデム学習です。

効果はてきめん。

しかもスピーディーに語学力が備わっていくのを感じることができます。

ストレスフリーに楽しく、しかも無料で利用できてしまうこの画期的な制度をぜひ有効活用して、充実したヨーロッパ・ライフを目指しましょう!

ヨーロッパでできる自宅学習で語学力アップを目指すためのコツ

ヨーロッパ滞在中の自宅学習で、語学力アップを図るためにできることは、たくさんあります。

土地の人々との交流で、会話の実践を積むのはもちろんですが、現地ならではの勉強方法で、在宅中も楽しく語学を学ぶために有効な方法をご紹介します!

ヨーロッパ諸国では、様々な言語が使われています。

一般的な日本人になじみのある外国語は、ほとんど英語のみです。

ラテン系の言語であるイタリア語、フランス語、スペイン語やゲルマン系のドイツ語などを学習する必要が出てきた場合、英語と比べてハードルは高く感じられますよね。

 

 

そのため、日本国内でできる勉強には限界があり、語学学習の本番は、ヨーロッパに着いてからになるでしょう。

 

語学コース等での勉強や、現地の人々との交流で、会話の練習を日々重ねることはとても大切です。

ですが、文法の疑問点や、知らない単語を調べるなどの細かい作業は、ひとりで少しずつクリアしていく必要があります。

ヨーロッパに着いてから、そのように積み重ねていく自宅学習は、語学力アップには欠かせません。

そのためにおすすめのメソッドをいくつか以下にご紹介します。

 

日本のマンガで自宅学習

 

ヨーロッパでは、古くから日本のマンガやアニメの文化が広く認知されており、大変人気があります。

子供の頃に、日本のマンガと共に育ってきたと、嬉しそうに語るヨーロッパ人もたくさんいます。

そのため、日本のマンガ作品は、新旧広きにわたって、ヨーロッパ各国の言語に翻訳され発売されています。

これが自宅学習の強い味方になります。

新聞や雑誌などの文章を読むのは、語学学習の初期には難しいものです。

活字になると急に、普段は使わないような難しい単語や表現が増えるのは、どの言語にも共通して言えることです。

 

ですが、マンガならば、噴き出しに日常会話で使われる言い回しがはめ込まれていますし、教科書では習わないスラングなども学ぶことができます。

 

一度日本語で読んだことのあるマンガならば、ストーリーもだいたいわかっているので、文章全てを理解できなくても、流し読みすることができ、ストレスになりません。

「文章を読む」という行為は、特に日本人には大切な訓練です。

母国語にある子音の数が、異常に少ない日本人の耳には、RとL、BとV、FとHなどの音を聞き分ける能力が著しく欠如しています。

 

 

そのため、耳から覚える学習方法に「スペルがわからない」という問題が生じます。

活字で単語ごとに頭にインプットしないと、耳ではキャッチできるけれど、自ら使うことはできない単語が増えていってしまいます。

 

特に、顕著にこのハンデが露見するのは、ドイツ語などの子音の多い言語においてです。

例えばPとFを同時に発音したり、「TSCH」等、子音だけで、4つも5つも文字が並ぶことが珍しくないからです。

日本語は、基本的にひとつの子音にひとつの母音を伴っているので、日本人はこの大きな違いに苦しむことになります。

それでも活字で確認することによって、スペルが頭に入ってさえいれば、ゆっくりひとつずつ発音して、練習することができます。

 

 

テレビやDVDでも、かんたん自宅学習!

自宅学習にはたくさんの誘惑がつきものですから、楽しくなくては続きません。

マンガ同様、ヨーロッパでは日本のアニメがしばしばテレビで吹き替え放送されています。

声優さんの声質の違いや、「あのセリフがこんな言い回しになるのか!」などの発見を楽しみながら鑑賞するうちに、自然と語学の練習になります。

ヨーロッパで、海外作品の映画などのDVDを買うと、たいていの場合言語を選ぶことができます。

 

日本のアニメならば、現地の言葉以外に日本語でも再生可能です。

同じ作品を、日本語と現地の言葉とで、交互に何度も再生すれば、とても良いトレーニングになります。

中でも、ジブリ作品やルパン三世などは、ヨーロッパでも人気が高いので、簡単にDVDが見つかったり、テレビで放送されているのを見かけたりします。

 

アドバイスのまとめ

 

ヨーロッパの図書館には、三島由紀夫や村上春樹、吉本ばなな等、日本の小説家の作品もたくさん置いてあります。

文章のレベルは、マンガよりは少々高くなりますが、一度読んだことのあるものならばストーリーを追うことはできるはず。

それらの本を借りてきて自宅学習に役立てるのも、上級者編としておすすめです。

ついついダラダラしてしまったり、つまみ食いに走りがちな自宅学習だからこそ、楽しく気楽に手を伸ばせる勉強方法が大切です。

リラックスした状態ならば、吸収率も高くなるでしょう。ヨーロッパで語学を勉強される際には、ぜひ一度試してみてください。

 

 

ヨーロッパの語学学校を最大限に有効活用するためのコツ

ヨーロッパで語学学校に通うことになった場合、日本人が陥りがちなマイナス・パターンがいくつかあります。

それらを避けて、効率よく語学力向上を目指すために、語学学校での学習におけるアドバイスをいくつかご紹介します!

ヨーロッパで生活することになった場合、語学習得は避けては通れない課題です。

多くの方は語学学校に通ったり、留学先の学校内で語学のコースを受講するなど、何らかの形で語学の授業を受けることになると思います。

その際、日本以外の諸外国出身の人たちと一緒に勉強することになります。出身国が違えば文化も国民性も異なるため、そこには様々な発見や驚きがあります。

 

日本人の国民性は、語学習得に関してはとても不利です。

 

引っ込み思案や人見知りなどの気性はもちろんのこと、完璧主義や生真面目ささえも、語学学習においてはハンデになり得ます。

日本人にありがちな特徴ごとに項目に分け、以下に解説していきます。

 

間違うことは当たり前

 

ヨーロッパはじめ欧米出身の人たちは、語学学習において「間違うのは当たり前」という意識を持っています。

それは彼らにとって恥ずかしいことでは決してなく、「外国人なんだからしょうがないでしょ」と、いい意味で開き直って語学コースに参加します。

単語が間違っていようと文法がめちゃくちゃだろうと、言いたいことがあれば迷わず大きな声で発言します。

間違いを恐れずに外国語を話す留学生。

「伝わればそれで良い」と思っているようにすら感じさせます。

実際、間違いを正すことが語学教師の役割ですし、間違いを指摘されれば生徒たちはメモを取ります。

 

間違っては直され、を繰り返すことで学習していくのが彼らのスタイルです。実際この方法はかなりの効果を発揮します。

 

一方日本人は、間違えるのが恥ずかしかったり、注意されるのが怖かったりして、なかなか積極的に発言できない人が大半です。

日本人女性がメモを取っているところ。

先生に指名されるまで口をつぐんで、ひたすらノートをとっている日本人は、ヨーロッパの語学学校に溢れています。

 

考え方を変えて、一枚皮を脱ぎ捨てなければ語学力はなかなかアップしません。

 

日本人と欧米出身、声の出し方が違う?

 

前述の考え方の違いは、誰でも一度は耳にしたことがある内容だと思いますが、実は一般的な日本人の発声方法も、語学学習のネックになり得ることをご存知でしょうか。

ヨーロッパの特に南側の国々では、声の出し方が日本人とは大きく違います。

日本人は、あまり口を大きく動かさず、喉の奥の方で喋る人が多いのですが、南ヨーロッパ諸国の人々は、声をカーンッと張って喋ります。

外国人の発声の仕方

日本語にはないRやL、FやVの発音からもわかるように、唇や口、アゴ周辺の筋肉をしっかり使って発音します。

そのため、日常会話のボリュームレベルも、日本人と比べて高くなります。

そのため日本人が話をする際、文法も単語も間違っていないはずなのに「あ?!」と強めに「何て言った?」という意思表示をされてしまうケースは多く、その迫力にびっくりしてしまうこともあります。

そんなときには気後れせず、同じセリフを高めのトーンで、はっきりと口を動かして言い直してみましょう。大抵の場合はそれで通じます。

 

 

頭を柔軟にして!

 

ヨーロッパ諸国の語学学校では、多少のファンタジーが必要になることがあります。

一枚の写真を渡されて「これはどんな場面なのか想像して説明してみてください」と言われたり、「二人一組で物語を作ってみてください」などという課題も少なくありません。

そんなときに日本人が陥りがちなのが、何も意見が言えず、パートナーのひとり舞台になってしまうというパターンです。

語学学校の授業なのですから、ファンタジーの内容はさして大事ではありません。

文章を作ること自体が課題なのですから、深く考えず、頭を柔軟にして対応しましょう。

突拍子もない話を考えても、ヨーロッパ人は意外と喜んでくれますよ。

 

 

平和ボケした日本人はネック

 

これは、特に日本人の若年層が抱えやすい問題点です。

ヨーロッパの語学学校では、しばしば政治・経済・世界情勢などが授業のテーマとして取り上げられます。

平和ボケした日本人ならではの情報量の少なさが、会話のブレーキになってしまうことも少なくありません。

日本と世界

知識を持ち合わせていない場合は、なぜ自分はそれらの情報を知らないのか、日本の現状や、政治などに対する関心の薄さそのものをテーマにとって話してしまいましょう。

 

ヨーロッパでの語学学習にアドバイス

 

日本人らしさを忘れないのは大事なことですが、語学学校ではヨーロッパ色に染まってみることも時として必要です。

語学力向上のためには、頭の切り替えの練習も必要になってきます。

柔軟なものの見方をもって、有意義な学習を心がけましょう。

ヨーロッパ行きの準備としてやっておきたい有効的な語学学習

ヨーロッパへ行く準備として、現地に着いてから困らないためにも、最低限の語学学習はしておきたいと思いますよね。

この記事では、現地行きが決まっている人の場合を想定して、日本でやっておきたい基礎的な語学学習のポイントをご紹介します。

 

留学前の下準備! 有効的な学習って?

 

観光大国の数々がぎゅっと詰まったヨーロッパに、憧れを抱く日本人は多いかと思います。

旅行先としてはやはりイタリアやフランス、スイスなどが古くから高い人気を誇っています。

ですが、短期の旅行ではなく、留学や仕事のためにヨーロッパに移り住むとなると、一気にハードルが上がってしまうように感じる人も多いのではないでしょうか。

 

その一番の原因は語学。

 

イギリス以外のヨーロッパ諸国では英語ではなく、日本人には馴染みのない各種の言語が話されています。

一度も習ったことも、耳にしたことさえないような言語を、果たして習得できるのかどうか不安になるのは当然のことです。

ですが、いざ現地に住んでしまえば、否が応でもみんなその土地の言語を習得するものです。

もちろんレベルに差は出ますが、暮らしていく上で困らない程度の語学力を身につけることは、誰にでも可能です。

しかし根が真面目な日本人はどうしても、渡航前に語学をなんとかしたいと考えて、日本国内で高額な授業料を払ってコースに通ったりしますよね。

 

私の経験から言って、これはあまりおすすめできない下準備です。

 

そう考える理由として、私が実際に経験したり、目にした失敗例を以下にご紹介します。

 

・日本での語学学習 ~役立たずエピソード1~

 

これは私自身の経験談です。

当時私はイタリアに留学することを決めたばかりで、出発までの準備期間になんとか語学を身につけようと、イタリア語会話の教室に入会しました。

週に一度のグループ・レッスンで、基礎的な文法や会話の練習を3か月ほど続けました。

その後、イタリアへ渡ったのですが、現地の語学学校に入学した際にはA1、つまり一番初歩のクラスに割り振られました。

日本で3か月イタリア語を勉強してきていたので、全くのゼロから始めたクラスメイトよりは少しリードしていた感はありました。

しかし、2週間もすればそんなわずかなリードは消え失せ、全員が横並び状態になっていました。

日本国内で高い授業料を払って勉強しても、こんなにもあっけなく追い付かれてしまうのなら、その分貯金をして1週間でも早く現地入りをした方がよっぽど有意義だったのでは、と思いました。

・日本での語学学習 ~役立たずエピソード2~

 

イタリア留学時代に、日本から友人が訪ねてきました。

この友人はいつかイタリアに留学することを目指し、その準備として、日本でイタリア語を5年間勉強し続けていました。

しかし5年もコースに通っているにも関わらず、いざイタリアの地に降り立った友人は、買い物すらままならない程度の語学力しか持ち合わせていませんでした。

レッスンと実生活とでは、全く勝手が異なるのです。

・とにかく文法の勉強を!

 

とは言え、日本出発まで何も準備をしなくていいというわけではありません。

現地に着いてからは、主に会話の実践で語学力を鍛えていくことになります。

その前にできる準備として、文法の勉強はとても有意義です。

会話をしながら覚えて行けば、語学習得はスピーディーですが、大人になってから外国語を習得する場合には文法をしっかり頭にいれておかないと、ずっと間違いだらけで話し続けることになってしまいます。

実際、ヨーロッパではそのような外国人をよく見かけます。

「なんとなく」語学を習得できるのは10代までの若い脳です。

 

どこに行っても恥ずかしくない正しく美しい語学を習得するためには、文法の勉強は不可欠です。

 

もちろん、実戦練習と並行して勉強することも可能ですが、日本でもできる数少ない有効な勉強のひとつなので、渡航前に一度は文法の教材を最初から最後まで読み込みましょう。

 

NHKラジオで語学学習?

 

文法を一通り勉強した後は、耳にも準備をさせてあげましょう。

NHKがラジオやオンラインで配信している語学講座は、初心者向けにはとても良い内容になっています。

日本語で解説がつきますし、文法にも触れてくれます。

また、イタリア語やドイツ語など、ヨーロッパ諸国の言語の放送もあります。

 

・確実に語学学習をするには

 

語学学習に一番大切なのは「上達したい」という気持ちと、その言語への愛情です。

語学習得にかかる時間には大きな個人差があり、上手くいかない時には苛立ってしまうものですが、焦らず少しずつ、しかし確実に一歩一歩進んでいくことが大切です。

ヨーロッパでは、現地の言葉を使用できるかどうかで周囲の人々に与える印象が、大きく変わります。

その国へのリスペクトや愛情を現わす手段としても、語学力は有効です。

中学・高校で勉強した英語とは違い、ヨーロッパ諸国の言語は文法も複雑で習得は容易ではありません。

しかし、言葉が通じた時の嬉しさや、文章がスムーズに読めるようになった時の充実感が、語学学習の力強い後押しになってくれるはずです。